ブログを読んで下さる皆さま。
いつもありがとうございます(。uωu)

先日、させて貰った娘の作文が新聞の
コラム欄に載るという自慢話。

本当に!?新聞社の編集部の方
から保護者である私に電話がかかってきました。

 

『娘さんの優しさ溢れる作文を是非とも
紹介させて頂きたい。』

 

と最高に嬉しいお言葉も頂きました。
因みに今回は娘が何を書いたかは私は全く
分かりません(笑)
新聞に載るまで楽しみにしたいと
思っています。



『ご本人とも少しお話をさせて貰いたい。』
との事で隣に居た娘に電話を
代わりました。

 

少し緊張して電話に出た娘が
みるみるうちに笑顔満開の嬉しそうな顔に。

 

作文について直接、誉めて頂いたようです。
しかも謝礼として図書カードも頂けるとの有り難いお話。

 

そして何より嬉しかったのは
子供扱いされなかった事らしいです。
どこがどうとか具体的には話して
くれなかったのですが
ちゃんと一掲載者(ちょっと自惚れさん(笑))
として扱って貰えたとの事でした。

 

さすが思春期!そういう対応が
嬉しかったりするんですね。

 

娘は本を読むのも文を書くのもとても
得意というか好きです。
娘がこんな事を言ってくれました。



『小さい頃にママがたくさん本を
読み聞かせしてくれた記憶があるわ。
そのおかげだと思う。ありがとう。』

 

いやーそんな記憶が残っているなんて
嬉しいです。

 

娘と一緒にお兄ちゃんにも
読み聞かせしたはずで…
でもお兄ちゃんは特に得意な訳じゃなく
どちらかというと苦手な感じ(^^;)))

 

だから私のおかげでは無いような
気もします(笑)

 

お兄ちゃんと娘、それぞれに得意な
分野があって、そこを伸ばしてくれたら
良いなと思っています。



そしてこういう娘が認めて貰えた
事、離婚していなかったらもっと
多くの家族と喜べたのにな…
なんて思ってしまいます。

 

そんな気持ちもあってブログで皆さまに自慢
させて頂いているのかもしれません(^_^)

 

皆さまも私も今日も明日も
笑顔で過ごせますように(*^^*)