おはようございます~(^ω^)

今日で夏休みも終わりですね。

お兄ちゃんはずっと資格試験対策講座で学校に行ってましたが

娘は明日から2学期なのでまた慌ただしい朝が戻ってきます。

2人とも目的や将来の夢に向かって頑張っているので嬉しい反面、

今の状況に私は親としてどうするのがベストなのかと

悩み焦ったりもしてしまいます。

娘の修学旅行代を払えたとホッとしていたら今月は後期諸費用、

お兄ちゃんは眼鏡(度が合わなくなってきたらしいです)

や資格試験に向けてのパソコン代が・・・。
どこの家庭も同じだと思いますがなかなか大変ですね。


こちらは昨日のトイプーちゃん。出かけていて帰ってくると・・・今回は私のカバンの上に
座ってくつろいでいました(笑) 洗濯物の上や脱ぎ捨てた服の上、そしてカバンの上!
どうもそこがお気に入りのようです(*´ω`) あービックリしました。
昨日、私のブログを読んで下さっている方からメッセージで教えて頂きました。
9月1日の新聞に載っていたそうなんです。これを見て私に教えてあげようと思って
下さったお気持ちも嬉しかったです。
以下産経ニュースからの抜粋です



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

法制審の部会が取りまとめた民事執行法改正案の要綱案には、

賠償金や養育費の支払いを命じられても支払わない債務者の

預金口座などを差し押さえやすくする新制度も盛り込まれた。

現行制度では、賠償金や養育費の支払いで債務者の預金口座

などを差し押さえるためには、債権者が自ら口座のある金融機関などを

特定しなければならない。

債務者の財産状況を調べるには、判決確定後に裁判所に

「財産開示手続き」を申し立てることができる。ただ、債務者の自己申告に基づく上、

嘘をつくなどしても30万円以下の過料と罰則も弱いため、「嘘のつき得」との批判があった。

要綱案では、判決確定前や公正証書で養育費の支払いを取り決めた人でも、

財産開示手続きの申し立てができるようにした。財産開示手続きで嘘をついたり

、出頭しなかったりした場合の罰則も強化している。

また債権者からの申し立てで、裁判所が金融機関や債務者の勤め先などに、

預金口座や給与情報の提供を命じることができるようにする新制度を設けた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




確か2年くらい前にもニュースになっていて審議が続いているとは知っていたのですがきっとまだまだなんだろうなって思っていました。やっとですね。実際に施行させるのはもう少し先かもしれないですが制度が進んだというのは

嬉しい事ですよね。これなら遅くても来年くらいかな。

困っている人が沢山いると思うのでもっと報道して広めてほしいですね。

でも出来ればこのような制度を使うことなく・・・が一番ですよね。