こんばんは~(^ω^)

オリンピック盛り上がってきてますね‼
羽生選手が公開練習で4回転を跳んでいたと知って嬉しくなりました(*^^*)
クーポンがあったので娘とミスドに寄り道(笑)
カロリーはさておき(笑)甘いものは幸せな気持ちにしてくれます!
今日も可愛いトイプーちゃん(/ω\*)
私の隣でうとうとしてます。



面会交流について、子供たちの意志を確認できたので、次は医院との裁判で
委任している弁護士さんに聞いてみました。
とりあえず何でも弁護士さんに相談する事を
心がけていました。後から、それはこちらの裁判に悪い影響を及ぼしますとなるのが、一番怖かったからです。
幸いにも、委任している弁護士さんは、とても
相談しやすい方なんです。もう6年以上になりますが、本当によくして頂いてます。
弁護士さんとの人としての相性というのも
凄く重要なんじゃないかなと思います。
養育費請求は正当な権利なので、勿論して下さい。面会交流についても、
相手にも面会交流権もあるので、構いません。との事でした。
ただ、やはり、私が元主人と直接に連絡を取り合ったり会ったりするのは慎重にしないと
いけないと考えますとも言われました。



そりゃ、そうですよね。相手が相手なだけにどこに罠が仕掛けられているかも分かりません。
それに離婚したくて裁判まで起こした私です。会いたくなんて無いです!
養育費や未払金を払ってくれたら、子供たちの父親ではあるけれど、
私の人生には関わって欲しくないとさえ思います。
覚悟はしていたつもりでしたがら正当な権利である養育費を受け取る事がこんなにも
大変だとは想像以上でした。 だからなのか、養育費を受け取っているのは2割だけと言われるのが分かる気がします。



私は、情けないほどまだまだ甘いところがあって、弁護士さんに言われた言葉の意味の本当の大きさを知るのは、もう少し後になるのですが。。
さぁ、そして弁護士から元主人の弁護士に連絡をしてもらう事になり、送る文面の相談に入りました。
まだまだ続きます。




コード スニペットをコピー