こんばんは~(^ω^)
寒くて足の指先がしもやけになりそうです。指先をふみふみして血流を良くしてます。
トイプーちゃんもまたまたストーブの前を陣取ります。冬はこんな写真が増えます(笑)
あんまり近づくと毛が焼けるから(^^;)))



部屋を片付けていたら、この本が出てきて久しぶりに読みました。
熊谷早智子さん著の『家庭モラルハラスメント』
8年か9年くらい前に、たまたま書店でこの本に目が留まりました。(この本の発売は2008年)
こう本の説明があって
……………………………………………………
あなたも被害者かも――。夫の非情な言葉や態度によって傷つく妻たちが急増している! 私が結婚生活で夫から受けてきたのは「虐待」そのものだった。すべての責任はお前にあると、夫は何度も言った。私も、自分がダメなのだと思っていた。でも、それは違った。幸せになれないのは、自分のわがままのせいでも、努力が足りないからでもない。夫にとって、ハラスメントの対象は、自分より弱い人間だったら誰でもよかったのだ。
………………………………………………………
今はモラルハラスメントって言葉も皆が認識するようになってきたように思いますが、
この頃はそんな情報も少なくて、悩んでいて私には衝撃的な内容でした。



そして私に色んな事を教えてくれました。
私が苦しんでいた事は私のせいじゃない。言葉や態度の虐待だったのだ、ちゃんと
名前までついているんだ、と。
本を読みながら、色んな感情が溢れてきて涙が止まらなかったのを覚えています。
夫婦にはその夫婦毎に関係は違うと思うので簡単には言えませんが、
もしこのモラルハラスメントに当たるなら、自分が壊れない内に
離れるのも考えた方が良いのかもしれません。



目に見えない暴力って、誰かに分かってもらう以前に自分がされていると気付くのさえ難しいんですよね。
私が自己肯定力がまだ低いのは、これに少なからず囚われているのかもしれないです。
『でも、ちゃんと自分で道を切り開いてきたんだから凄いよ‼』って言ってくれる
友人の言葉に救われます。
そしてこのブログを読んで私に応援や暖かい言葉を下さる皆さんに感謝しかありません。
ありがとうございます(*´ω`)




コード スニペットをコピー