こんばんは~(^ω^)

金曜日が来るとホッとしますね。トイプーちゃん三連発です(笑)

帰ってくると『お菓子ちょうだーい』とおねだり。

お座り~
お手~
勢いあり過ぎのお手なんです、いつも(笑)



弁護士に医院で事務をしていた時に勤務している医師をどこかに届けていなかったか聞かれて頭をフル回転させて考えました。
まずは厚生局。保険医登録証の番号(家を出る時にコピーしていました)からの照会を考えました。
医院が、この登録証を提出して、勤務している医師が診療した社会保険や国民健康保険等の報酬を受ける事ができるのです。
そして、もう一つは社会保険。医院で勤務する者は歯科医師国保組合に加入していましたので名前と保険証の番号から勤務先を登録しているはずと思ったのでした。
絶対に加入していると確信がありました。
どちらの手続き事務も医院でずっとやっていたので連絡先等も分かっていました。



しかし、両方とも弁護士から弁護士照会をする前の手続きとして、事前にメールで
問い合わせをして貰ったのですが、『弁護士照会をしても答えられない』との回答でした。
私の憶測では身内を守るって事なのかなって感じです。そう、弁護士照会が何でもかんでも通るわけでは決してないんですよね。
しかも今は個人情報保護も厳しくなっていますから。
でも守るところが違うように思うのですけどね。
再度、考えました。で、思い出しました。
まだまだ続きます。




コード スニペットをコピー