こんにちは~(^ω^)

この頃は時間があれば、スポーツクラブで走ってます!
何と戦っているんだろって感じで走ってます(笑)
身体って不思議ですね。どんどん走るのに慣れて楽になっていく。あ、筋トレもしてます!
筋トレは苦手なんですけどね。スタイルが崩れていくのに抗ってます(笑)
家に帰ってパソコンに向かうと、またしても膝の上に陣取り動かぬトイプーちゃん(  ̄▽ ̄)
この時期は暖かくてトイプーちゃんの取り合いでもあるので良いかな(*^^*)



弁護士費用の件で知り合いに聞かれて自分の経験から知っていることを話す機会がありました。
着手金は理解しやすいんです。問題は報酬金。これはビックリ?というか、どうして!?って感じでした。
訴えた方は例えば200万の請求で請求通りの200万円は認められたのなら経済的利益は200万×〇〇%。(16パーセント位が相場らしいです)
で、訴えられた方なんですが、200万円を請求されて結果、0円になった場合。ブロックできた金額が経済的利益となるので、この場合は200万。。何もお金が入って無いのに、着手金に加えて弁護士報酬も負担しないといけない。
訴えた方は請求金額を1円も手に入れられなったので経済的利益は0円となり弁護士報酬は0円。
それじゃあ、不当な請求をされた方はたまったもんじゃないと。分かります。凄く。
言いがかりのような不当な訴えをされないとも言えないのに。
お金があるものの勝ちような気さえしてきます。とりあえず着手金を用意できる財力があるもの勝ちのような気がしてしまいます。
裁判に勝ったからといっても弁護士費用を相手には請求できないのが現状ですしね。



何かで読んだのですが、裁判は自分でもできるので(実際問題として難しいとは思います)弁護士を利用したのは自己判断で、
弁護士もボランティアでは無く仕事なので報酬が発生するのは当たり前だとか。うーん。
なので、弁護士と委任契約する時にその辺りもしっかりとしておかないといけないですよね。
民事訴訟はその訴えが正当かどうかは裁判の中でやりましょうって感じで、書類や書式に不備が無ければよっぽどの事が無い限り受理されると聞きました。
司法に守られてる事もきっと沢山あるとは思うけど、納得しにくい事も多いと感じます。




コード スニペットをコピー