こんばんは~(^ω^)冷えてきましたね。

昨日、娘とお買い物してる途中に見かけた血管年齢測定。。人差し指の指先を置くだけ。
試しにやってみると、
『血管は老化していません。血管に弾力があり鍛えられた体です』
ほ、ホントに~!?うわ嬉しい(笑)若いやん(笑)
『ママさ~めっちゃ嬉しそうやけど、血管年齢で肌年齢とは違うし~(  ̄▽ ̄)』
と娘に笑われても小躍りしてしまったのでした(笑) 血管だけでも若いのは有り難い事です。



弁護士といっても、当たり前だけれど色々なタイプ、考え方、進め方がある
わけで、人間だから合う合わないもあるから、よく分からない段階で委任するしかない側としては難しいものです。
離婚したばかりの友人に面会交流について相談を受けました。
弁護士が養育費支払の為に面会交流を勧めていて、気持ち的になかなか割りきれないと。
彼女も旦那さんの不倫等が離婚原因でした。養育費と面会交流は基本的には別のものだけど、やっぱり深い関係があります。
面会交流に一つをとっても、ケースバイケースですが、子供の利益として考えた時に
肯定派と否定派があるみたいで、私が調停・裁判と委任した弁護士は否定的でした。
まぁ私の場合は特殊だったからかもしれないですけど。
もし養育費という事だけに関して言えば元主人や義両親に対して積極的に面会交流と
いう事を提案していたらどうだったんだろうね?って友人と
そんな話になり考えてしまいました。
これも『たら』『れば』だし、その当時に面会交流と言われても私はきっと
承諾は出来なかっただろうとは思いますが。



面会交流、こわい面もあるし→ 面会交流の怖さ

気持ち的にやっぱり揺れてしまう。難しい問題で子供たちが高校生となった今でも私はまだ答えが出せません。