こんにちは~(^ω^)

今日も穏やかなお天気で日差しで嬉しいですね(^人^)
お蕎麦が大好きなお兄ちゃん。
食べ盛り!お蕎麦も天婦羅も大盛りです(笑)小さな取り分け皿に入れて食べさせていた
頃が嘘みたいです。
こんな何気ない瞬間に幸せを感じます。結構、2人でも出かけてくれるので嬉しいです。(食べ物で釣ってますが(笑))
車の中では大きな声で卒業式で歌う歌の練習をしてました(笑)
中学生の頃は絶賛反抗期でぶつかることもあったけど、ナンダカンダ言っても、
この明るさに救われてきました。



強制執行で思ったような結果が得られなかったので、離婚裁判で敢えて分けて争う事にした財産分与について弁護士と話をつめていました。
弁護士は今は元主人には表だった財産は無くて押さえるのは難しい。
何とかして父親が経営者である医院の財産も一部は元主人の物だと
主張して、それを裁判所に認めて貰い、分与と考えているとの事でした。
うーん。これはどう考えても難しいんじゃないのかと思いましたよ。素人の私でも。
元主人が経営しているならまだしも、父親が経営者ですからハードルが高すぎるのでは無いかと。
弁護士は過去の判例を調べていますとも言っていました。やっぱり過去の判例主義
なんだなぁ、じゃあ判例が無かったらどうなのよ~!?
判例を作るぐらいの意気込みは持ってくれているんですか!?
というか先に調べておいて下さいよと失礼ながら色々と思ったものです。




<離婚裁判を分け、時間がかかるだろうである財産分与を切り離して先に離婚が決定し児童扶養手当が
支給できるようにもなったりと経済的に良い事もあったのですが、弁護士費用に関しては2重にかかって
しまう事になったんですよね。。しかも弁護士に予想外の事を言われていまったのです!

まだまだ続きます。




コード スニペットをコピー