こんにちは~(^ω^)

良いお天気なので、昨日はお昼休みにお散歩をしました。段々と紅葉が深まっていて綺麗ですね。
昨日のニュースにありました。



以下は毎日新聞からの抜粋です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高等教育などの無償化、政府が検討

高等教育の無償化については、対象を住民税非課税世帯に絞る。具体的には、現在、住民税非課税世帯の子どもを対象に毎月2万~4万円を支給している給付型奨学金の金額を、年間100万円程度に引き上げて生活費も賄えるようにする。無償化の対象にならない低所得世帯についても、不公平が生じないような仕組みの導入を検討する。

 

大学授業料についても、住民税非課税世帯の子どもを対象に国立大学の授業料(年間約54万円)相当額まで減免し、実質無償化する。国立大学より授業料の高い私立大学については、上限を定めたうえで一定金額を上乗せして免除する。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

税金を使うので直接に関係の無い方にはとっては、勿論いろんな意見があると思いますが、私にとってはとても有り難く期待してしまうニュースです。
ひとり親家庭にとって子供の大学進学費用は大きな問題です。(ひとり親家庭には限りませんが)
親としては子供が望み学力があるなら大学に何とかして行かせてあげたいです。
親の年収と子供の学力が比例するなんて記事を読む度に胸が痛みます。
離婚という親の都合でなら尚更そう思います。
離婚しても父親(母親の場合もあるかな)がちゃんと責任を果たしてくれていれば問題は無いだろうけど養育費の支払をする人がたった2割だけで、そしてそれに対しての厳しい対策があるわけでも無いこの国では、親が離婚した子供の大学進学は難しい問題だと私は思います。



将来の選択肢が増える制度が充実していく事を切に願います。
それに備え、お兄ちゃん、娘よ、しっかり勉強しておくれ~⊂(^(工)^)⊃




コード スニペットをコピー