こんにちは~(^ω^)

また台風が来てますね。。昨日はまだ良いお天気だったので、お昼休みはお外に。
ランチしたお店にいたバレリーナの熊ちゃんに釘付け!トウシューズ履いてるし。
お店のオーナーがバレリーナだったそう。私も小さい頃にバレリーナに憧れていたのを
思い出しました(笑)
離婚裁判の判決が出て、結局、元主人は2週間の間に控訴してきませんでした。
と、言うか引き続き全く関わらずのスルーでした。



離婚調停から時間も費用もかけて主張しあってきたのは一体なんだったんだろうと
思いましたよ。やるなら最後まで、ちゃんとしてほしかったんです。その方が決められた
事を守ると思ったから。
だからか、今、案の定守られていない事が山ほどあります。
後から医院との民事訴訟でこの時の事を
『フラワーが訳の分からない事を好き放題に主張してきたので、それに対してあまりにも
違うので、もう反論する気にもなれず、一人誰にも告げず傷心の旅に出ていた』と。
え?何ですと!?もうね、呆れて何も言葉が見つかりませんでした。

私はどんな時、どんな状況でも逃げ出す事はしなかったというか、逃げることさえ出来なかったです。

それはやっぱり子供が居たから。その思いは今も変わりません。

元主人は何事においても逃げる事をしてきた人だったように思います。

結婚する時には気づけなった自分が情けないですが。

きっとね、逃げてもお金で親が何とかしてきてくれていたから。

独身時代に結婚詐欺まがいの事をしても、クラブで数百万円のつけをして医院の待合室にホステスさんが乗り込んできても、不倫で犯罪をしても親がお金で片づけてくれた。お金を持っているものの強みだとも言い切っていましたから。
控訴して来なかった連絡を受け、そこから離婚に関わるたくさんの手続きが始まりました。



勿論、債務名義を手にしたので養育費・婚姻費用・慰謝料の請求そして残していた財産分与の裁判の手続きも待っていました。
まだまだ続きます。