おはようございます~。
可愛い抱き枕を見つけました!触っても気持ちいい~。
このブタさんと、トイプーちゃんに挟まれてなら、睡眠導入剤が無くても眠れるかもです。
不倫女性が支払った額を差し引かれた事の意味が分からなくて、この件でも弁護士に納得できるまで聞きました。



不倫慰謝料請求ですが、不倫した配偶者は勿論ですが、その不倫相手も要件を満たすと不法行為の責任を

負う仕組みになっているんです。

これを『共同不法行為』と言うらしいです。まさに共犯ですね。その自覚が不倫女性には無かったんですよ!
たから配偶者に不倫された妻は(被害者)は不倫した配偶者とその不倫相手の両者に対して慰謝料を請求できる事になってます。

不法行為によって損害が生じた時の賠償方法は金銭の支払と法律で決まっているそう。

そりゃそうですよね。。。

不倫された精神的苦痛に対しての賠償は金銭(慰謝料)の支払というわけです。
だから、不倫女性が共同不法行為に対しての
お金を私に払っているから、元主人がしたことから、この額は差し引いときました!って
事になるらしいです。100万円って言っても弁護士への着手金・報酬で半分くらいしか入ってないのに。



うーん。分かるんですよ。法律的には。弁護士にも裁判所の見解は仕方ないと言われましたし。
でも不倫された気持ち的にはスッキリしないんです。それはそれ、これはこれだろ的な。
法律的な事と心情的なものの、擦り合わせが本当に難しいと裁判を経験して何度も思いました。
まだまだ続きます。