またまた更新に時間がかかってしまい
ました。皆様、お元気ですか?




今年もまた元主人が逮捕された日が
近づいてきました。あの日からもう6年
です。あの時に小学生だった子供達も
高校生と中学生になりました。

あの日あの時の感情は薄れていってる
と思いますが、この時期になると私には
いつもと変わらない朝、
いつものように忙しく子供達を
送り出した8時15分に戻ります。

回っている洗濯機、行ってきますの笑顔
朝ごはんの片付け、その日常を打ち破る
ようにかかってきた医院からの緊迫した
声の電話、電話を切ったと同時に聞こえた
何台もの車の扉を閉める音、勝手口から
見えた黒塗りの何台ものいかつい車、
そしてピンポンとなりドアを開けると
『警察です』の乾いた顔と声。いきなり入ってくる刑事たちに占拠された玄関。

いくつもいくつもまるで、スクリーンショットのように蘇える光景。
元主人、不倫女性も同じように
またこの日を何を迎えて何を思うので
しょうか…。

ずっと通っていて全てを聞いて頂いて
いる心療内科の先生の診察では
勝手に涙が止まらなくなる私に
こう言われました。

『フラワーさん。心の傷は必ず時間が
治してくれます。これは精神科医の主治医である私が言うので間違いありません。
必ず時間がかかっても治ります。

昔の傷に自ら触れに行くから苦しくなるんです。だから極力思い出さず忘れるのが
良いんです。でもまだ裁判が続いている
フラワーさんきは難しい事だと分かって
います。でもね、裁判より自分を大切に
して下さい。裁判で勝っても精神や身体を壊してしまったら取り返しがつきませんから。』

そう、裁判は続いています。
心の傷に触れないわけには進みません。

あの日あの時、何て言われてどうしたか?
の記憶を蘇らせ書面にする事ばかりです。

よくニュースで5年とか10年前の判決が出ているのを見てどうしてそんなに時間がかかるの!?
とよく思ったものです。でも当事者になる
と分かります。本当に時間がかかるんです。うんざりするぐらいに。

長い間、書けなかったブログなのに
書き出すと言葉が溢れてきます。

また書いていきますので、よろしくお願いします(*^ー^)。

—–