こんばんはおねがいトイプーちゃんは
お兄ちゃんともとっても仲良し♥
いつも多少無茶苦茶されていますが(笑)

16歳という思春期真っ盛りのお兄ちゃん。
日々の出来事はあまり自分からは話して
くれませんが、とても優しい(親バカです(笑))

駅まで車で迎えに行く事が多いのですが
私の『おかえり~』の第一声で分かるんですね。まぁ私も『ただいま』の抑揚で大体分かりますが。
私が少しでも元気が無いと
『どうかした?何かあったん?』と。

やっぱり母はいつも明るく元気で
いなくていけない!と思うのでした。

ネットで結婚詐欺師逮捕のニュースを
見ました。結婚詐欺師…主人もそうだったと思います。

婚活サイトで不倫女性と出会い、自分は
医師で国境なき医師団として部下数人と
全国を回っている。それで婚期が遅れて
しまったと。結婚を考えるように
なってサイトに登録したと。

罪を犯した不倫女性以外にも複数の女性と
結婚を匂わすやり取りをしていたのを
逮捕後、確認しましたもんね。
真剣に結婚を望んでいた女性には本当に
同情します。

離婚の1番の原因になった不倫女性の
実家に結婚の許しを貰いに
行ったぐらいですから、医師との結婚を
夢見た気持ちを弄んでますよね。
まぁこれは女性に騙されて行ったと
言い訳してましたが。

地域では1番大きな歯科医院の3代目
として産まれた時から
十字架を背負っていた主人には
『国境なき医師団』とかがある意味憧れだったんでしょう。
その闇を救う器の大きさが残念ながら
私には無かったんでしょうね。

そんな事を思ってしまいました。

話は戻りますが離婚調停が不調となり
自動的に離婚訴訟となる訳では
ありません。

家庭裁判所に訴訟申し立てを起こさない
といけないのです。
調停の内容が引き継がれるとはいえ
当事者がどうするか決める調停とは
違い訴訟は裁判官が決定します。
離婚するかどうかもです。
何だか違和感を持ったのを覚えています。

まだまだ続きます。

—–