こんにちは爆笑

少し前にお友達と。
同じトイプーちゃんでも色が
違うと雰囲気も変わります。
興味津々なうちの子です(*¨*)
ソッポ向かれてますが(笑)

『正直、当たり外れがありますから』
調停が始まる前に弁護士に言われた
この言葉が印象的で忘れられません。

離婚調停は調停委員男女2名で
行われます。
元校長先生や民生委員を経験された
方も多いと聞きました。

で、弁護士曰く私は
『当たり』の調停委員さんだったそう
です。あくまで常識的だそうです。
年配で高い役職だった方が多いので
人によっては頭が固く失礼な事や
傷付く事を平気で言う人もいるらしい
です。

弁護士の意見と私も同じでした。
悲しいかな今の日本の調停という制度上、こうしなさいという決定権は
無いのですが私の気持ちに
寄り添った進行をして頂けたと思って
います。その部分では納得しています。

その時は『当たり』で良かったぁ
ってしか思いませんでしたが、
よく考えると『当たり外れ』かあっては
いけないですよね!!
人生を変える決断なんですから。
全て『当たり』で当然にならないと
おかしいですよね。

まだまだ続きます。

—–