こんばんは(°∀°)
今日は蒸し暑いですね。
アイスクリームを食べて(笑)
ゆっくりしています♪

平成23年に私が申し立てた離婚調停

① 離婚すること
② 親権を私とすること
③ 慰謝料額の決定
④ 養育費(離婚成立までは婚姻費用)
    の取り決め
⑤ 財産分与について

でした。全てがすんなり決まるとは
初めから思っていなくて裁判になるのは
覚悟の上でした。
弁護士からもそう言われていました。
だから早く終わらせたかったんですよね。

①の離婚すること
  これは 結婚生活を継続できない重大な
   理由・・・これは絶対的でした。
   嫌いになったとか結婚生活が嫌に
   なったとかいう理由では離婚は
    認められません。

  勿論、お互いが同意すればその理由
   でも協議離婚して成立しますが。
   よくいう性格の不一致とかですね。

  犯罪を起こして執行猶予付きとはいえ
  実刑判決を受け、言い逃れできない
  不貞行為・・犯罪は同じ司法を扱う
  処としては見ての通りで不貞行為も
 言い逃れ出来ない証拠が沢山!
  これは簡単に探偵さんに写真を撮らせて
  くれた不倫女性にも感謝!?しないと
  (笑)と思いましたね。

 まぁ、それよりなんといっても犯罪の
 起訴状や判決文  にも不貞行為の事は
 書かれていますから。

 まだまだ続きます。

—–