離婚調停を1年以上しましたが、
(もう4年前になります)
私の意見としては一体なんだった
のかな??って感じです。

日本では、いきなり離婚裁判を起こす
事はできません。離婚調停が不調に
なり裁判へ移行という形になります。

私はこの調停って、もっともっと
力があると思っていました。
勿論、法的にももっと効力があると。

調停でも弁護士さんを雇うので
数十万という費用がかかります。
高いです!でも用意しないと
離婚できない・・。
自分でも出来るそうですが、やはり
法的にはいろいろ決まりがあり
難しいと思います。

離婚したいと決心するまでに、かなり
精神的にまいってます。
それに加えて調停で一から説明する
という精神的苦痛。

感情より物的証拠・書面が重要にも
なるという割りきれない思い。

それに裁判所が混んでいるためや
弁護士の日程調整で調停が開かれる
のは1ヵ月~2ヵ月に一度。

しかも夏は裁判所が長期の休みに
入るから凄く期日が延びました。

一日でも早く離婚したくて経済的に
も決着つけたくて、子供の将来の
為に養育費とかを決めたいこちらの
思いは裁判所にはあまり伝わって
いないように思いました。

まだまだ続きます。

—–