今日は良いお天気ですね。

お兄ちゃんはテニスの試合に早朝から行きました。

ただ、見守る事しか出来ないけれど

勝つ喜び・負ける悔しさ、いろんな気持ちを

経験して成長してほしいです。

厚生労働省の『医師等資格検索システム』があるんです。

去年ぐらいからネットで医師・歯科医師の名前を入力

すれば情報が出てきます。どこに勤務かとかでは無くて

免許登録年月日なんですが。診てもらっている先生が

資格がちゃんとあるか確認できるようになっています。

そういえば昨年放送していた無資格医師のドラマ

『雲の階段』の中でも使われていたような気がします。

で、元主人の名前を入力してみたのです。

『該当する医師等は存在しません』

もう免許停止処分期間は終了しているのですが

やはり医師の仕事はしていないのか・・・。

まぁ普通に考えれば誰も雇わないですよね。

ヒットさすためには、医院・診療所が勤務している

医師を届け出を出さないといけないんです。

なので、逆に言えばどこにも勤務していないと

いう事になります。

父親の経営する医院でしか働けない人だと

思ってはいたのですが、子供にきたメール

『今、パパは●●県の診療で勤務している』

が気になって調べてみたんですよね。

やっぱり子供への見栄なのか・・。

いつまで経っても医師である事だけに

人間の価値を見出そうとしているのか・・・。

私も見ると思ってのトラップなのか・・・。

今は、どこに住んでいるかさえも不明な元主人。

住所・仕事・・・法律だけでは調べるのにも限界

があります。

あー考え過ぎても仕方ないですよね。

と、言いながらいろんな策を考えている私です(笑)

—–