お兄ちゃんの期末テストが明日から
なので、今日は一緒にお勉強しました。
辛うじて英語と国語なら教えられる(笑)
遠ーい昔に英文科で勉強したのが懐かしい。

検察庁での話をもう少し続けます。
引き続き私も母親も事件の事を
頭の中で整理しながら検事さんの
質問に答えていく作業が続きました。

その一言一句を書記の方がパソコン
で文章に起こしていきます。
警察でもそうでしたが、本当に凄く
時間がかかりました。

でも、そうですよね。一人の人間を
裁判にかけるかどうかを決めるの
ですから。

起訴するかどうかは逮捕してから
長くても20日の間に検察庁が判断
しないといけないんです。
裁判で戦えるだけの証拠を
あげられるかどうか。

離婚裁判を経験してても分かった
んですが、どれだけ酷い事をされて
辛い思いをして傷ついたかという
感情よりも裁判所も納得する
酷い事をされた証拠を
あげられるかどうかが重要になって
くるんです。

何だかやるせないですよね。
人は感情で生きているのに。
でも人各々の感じ方は違うし判断は
難しいので仕方のない事なんでしょうね。

まだまだ続きます。

—–