最近、子供達の食欲が凄いんですもぐもぐ。 成長期ってこんなに食べるんだぁ

って感じです。2人とも私より既に靴のサイズは大きい・・・足。

どんどん大きくなっておくれ好

暴行罪と一緒に被害届けを出した不法侵入・有印私文書偽造・同行使。

不法侵入については以前ブログに書かせてもらいましたが、こちらも

目撃というか先に鉢合わせたのは私の母親でした。その数十分後に

私が帰って来たんです。

もし私が鉢合わせていたら、言い争いになり逆上した主人に何をされて

いたか分かりません。今、思い出しても怖くなります。

なので、こちらは私と母親が警察で調書を作成しました。勿論また別々に。

私はまず、刑事さんに『ここに住所と名前を書いてみて。』と用紙を出されました。

私が被害を訴えている有印私文書偽造をされた書面の筆跡と違うのか、

まず刑事さんが確認するんだとすぐに分かりました。

私が書いたものと見比べた数人の刑事さん・・・。

『確かに筆跡が違う。分かりました。』

まずは信じてもらえホッとしたのを覚えています。

そしてすぐに本格的な筆跡鑑定をする事になりました。

これはA3の用紙に住所と名前を今度は20回書く事でした。

結構疲れます。

全ての指の指紋採取もしました。家庭裁判所に出された書面に私の

指紋があるかないかを調べるためです。そうとは分かっていても

犯罪者は私ではないのに複雑でした。

またまた未知の世界の連続でした。

まだまだ続きます。

—–