おはようございますニコニコ
昨日は家の近くにカフェを見つけ
インフルエンザから復活した娘と
行って来ました。大好きなワッフルに
ご機嫌な娘でした好こんな穏やかな時間が
なにより幸せを感じます。

保護命令は私の主張が認められました
が、あの時の怖さ・虚しさ・情けなさ
が消えるわけではありません。

今でも何かの拍子にふと思いだし苦しく
なります。今でも、その駅から帰る時は
周りを警戒して歩きます。

今も思い出して苦しくなるのは不倫や女遊びをされた事でも同じです。

日常のふとした事で(何かを見たり、その
時に流行っていた歌を聞いたり)
思い出してします。当時の苦しみや悲しさとはまた違う思いが襲ってきます。

きっと傷つけられた人は私と同じような
思いを抱え、忘れられず、それでも心に
折り合いを見つけての繰り返しなんでしょうね。傷つけた人との温度差にまた傷付いて・・。

私は今でも不倫女性のブログを見てしまいます。見ても何も始まらないのに汗
いつになったら呪縛から解放されるんだろう・・まだまだ戦いは続くというのにあせる

保護命令が発令され、一番近くの警察署から連絡が来ました。

これからは自宅近くのパトロールを増やし
何かあればすぐに駆けつけます。と言って頂き、少し安心したのを覚えています。

発令されてからの6ケ月の間に私に近づけば即に逮捕なんですから。

そう考えると保護命令は強い威力を持ちますが、冤罪もありえるので怖いですよね。

保護命令・・自分でも申し立ては出来ますが私は弁護士さんを立てて良かったと思いました。

専門的な書面を要する申し立てや裁判所との繋がり、やはり代理人を立てる事で
精神的負担も減りスムーズに進みました。
弁護士さんとの信頼関係も大事だと思いますが。

でも当然の事ながら弁護士費用はかかります。
経済的に苦しい状況は続きました。
本当は弁護士を立てなくても自分でも
スムーズにできる制度になるば良いんです
けどね。

まだまだ続きます。

—–