おはようございますニコニコ 

雪がうっすら積もっています。子供たちは大喜びです音譜

翌日、私から奪った携帯電話からアドレスを知り、私の両親や

友人たちにメールや電話をかけ有る事無い事を言いふらし始めた主人。

もう私の心は壊れかけていました。

私の事を非難する一方、私が警察に被害届けを出したかどうかを

やたら気にして友人に探りをいれていたのを聞きました。

反省の言葉も無く、自分を守る事ばかりを考える主人。

そうそんな人なんですよね。

何故、私がその日その時間に最寄りの駅に着く事が分かり、待ち伏せされた

のか・・・

それは、何と私も主人が雇った探偵に尾行されていたんです叫び

それも暴行された日を含む前後1週間・・・婚姻費用も払わずに

どんだけ探偵さんにはお金を使ってるんだか。

夫婦で探偵を付けあうとは・・・さすが泥沼です。

そういえば、車で移動中、怪しい車に尾行されているかも・・・と

思った事はあったんですがね。別にやましい事はしていないんで

気にしていませんでした。

探偵報告書を私の両親あてに主人が持って行ったんです。

でもね、仕事や子供の送り迎えやスポーツクラブに行く写真ばかり・・。

主人が欲しかったであろう、男性との不貞写真はありませんでした。

当たり前です。自分と一緒にしないで!って感じです。

まぁ弁護士さんも言うように破綻後なんで私が例え何をしても

文句を言わせないんですがね!

唯一、友人夫婦と一緒に心配で家に
来てくれた友人の男性の写真を撮って

浮気相手だ!と決め付けてましたが・・・。

なので、計画的犯行だった訳です。

私は弁護士さんにも勧められ、
保護命令を裁判所に出してもらう事を

決めました。

まだまだ続きます。

—–