未だに『払いたくない』との理由で
払われない婚姻費用。

弁護士さんと打ち合わせして来ました。
『離婚裁判で戦うのはとことんやりましょう。ただ法に携わる弁護士として
裁判所が決定した事には従うべきという
事は分かりますよね。』と言うと

主人の弁護士さんは『本人を説得は
してるんですが・・申し訳ありません』
としか言わないそう。

登記簿謄本を取り調べたところ自宅の名義を父親に変えていました。
残債2800万円の住宅ローンも完済していました。

今の時期に名義変更とは財産隠しの
紛れもない証拠です。これは来月下旬に
一回目を迎える離婚裁判で徹底的に
戦います。

多分預金も自分名義から親に移している
でしょう。

どこまで卑怯なんだか。人間として子供たちの父親として情けないです。
義両親も孫が心配では無いのか・・。
可愛いのはバカ息子だけなんでしょうね。

法律の範囲内でやれる事。
間接強制・・婚姻費用が払わないままだと
審判で決められた金額以上(例えは月々+10万円)の支払を裁判所に申請して認めてもらう。婚姻費用未払の場合認められる可能性は極めて高いそう。

まぁ金額は増えても払わないと意味が無いですが。

執行官と一緒に自宅・医院(ハードルは高いそう)に動産執行に何回も行く。
精神的嫌がらせ・プレッシャーをかける。

詳しくは結果が出れば報告させてもらいますが他にもいろいろ考えてくれています。

とにかく泣き寝入りはしません。

本当に弁護士が着いていて、お金が無いわけでは無いのに異例な事らしいです。

穏やかな年末年始は過ごせそうにないですが前を向いて頑張って行きます。

Android携帯からの投稿

—–