おはようございます。寒くなりましたねさむい。

風邪も流行っているようで娘も鼻水を垂らしていますあせる

皆さんも気を付けて下さいね。

去年の10月の話です。

私がこの日の離婚調停でこれらの書面は私が作成した

物では無いし、明らかに筆跡も違う。あまりにも悪質なので

それなりの対応を考えると調停委員を通じて抗議した

ところ、すぐに追加の書面が出されました。

その書面は違う意味で私を打ちのめしました354354

それは○○歯科の事務長の署名・捺印がされた書面でした。

『私は○○歯科で事務長をしております★★★子です。

フラワーさんとは10年以上一緒に仕事をしてきてフラワーさんの

字を見てきました。この書面の字はフラワーさんのものに

間違いありません。書面の内容も本当の事です。』

 という内容のものでした。

この50代の事務長は私が嫁いで医院で働きだした頃から

仕事を教えてもらい、いろいろ相談に乗ってもらっていて

公私ともに信頼していた方でした。

義母との事もいつも客観的にアドバイスをくれ、理不尽な仕打ちには

私の気持ちに寄り添い慰めてくれていました。

『私達スタッフはフラワーさんが頑張っている姿をずっと見てきて分かって

いるから。』その言葉に何度もう少し頑張ろうと思った事か・・・。

勿論、主人の事も相談していました。

不倫相手が歯科医院に患者を装い来た事を教えてくれたのも

この事務長でした。

不倫相手に慰謝料請求する時も主人が逮捕された時も

医院の中で一番私の気持ちの近くに居てくれた人でした。

その事務長の裏切り・・・○○歯科で働く以上主人や義両親の

言いなりにならなくては生きていけなのかもしれません。

それは分かります。でも私の気持ちは付いて行けませんでした。

この人は分かってくれているはず・・・そう信じていた人からの

裏切り。悪いのは勿論主人ですがこんな酷い犯罪に加担するなんて・・。

もう誰が見方で誰が敵か・誰を信じて良いのかさえ分からなく

なっていました。

まだまだ続きます。

—–