またまた久々の更新になってしまいました汗
最近気持ちが落ち気味です。もうすぐ離婚裁判も始まるのに沈んでる場合じゃないですねあせる

去年の10月の事です。
玄関に立っている主人。体中が冷たくなりました。

『どうして!?』と私。

『家の前でお母さんとバッタリ会って
俺がお母さんと話をしたいと言ったら
中に一緒に入れてもらったんや。』

母親を見ると困った顔をして黙っていました。

『○○とはどんな関係や!?○○は誰や?』と私の友人たちの名前を言いました。

とりあえず家から出て欲しかった私は
外で話す事を強く希望しました。
一分でも家にいてほしく無かったんです。
怖かったので咄嗟に愛犬のトイプーちゃんを抱っこして行ったのを覚えています。

家から(母から)見える所で話しました。
やたら私の友人の事を問い詰める主人。
自分が不倫した人は、すべてそんな関係に思い込むのでしょうか・・・。

私を支えてくれてる友人でしかないのに・・・。その友人の素行調査をしたとか
女性関係がハデで酷いとか
訳の分からない事ばかり言いました。
そして私も浮気してるだろ!?認めれば責めないから本当の事を知りたいとか、もう
話すのも嫌になるって感じでした。

勿論、私は黙っていましたよ。
でもこの時は気持ちが動転しててすぐには残念ながら気づけなかったんです。自分に腹が立つぐらいでした。
友人たちの事は、家のパソコンメールやmixiにログインしないと分からない事を主人が知っていた事に叫び

午後からの診療があるので、後日また話すと言い残し主人は帰って行きました。

私は母親が主人を自ら家に入れたと言うのがどう考えても腑に落ちなかったんです。

誰より私の苦しみを理解してくれ、主人から逃げるように応援してくれた母親が私が居ない時に主人を勝手に家に入れるという事が。そしてそれを私にすぐ連絡しなかった事が。

家に戻り、母親と向き合いました。
『本当の事を話してほしい。主人を
家に入れたのが分からない』と。

母親は暫く考え、話し出してくれました。

まだまだ続きます。

Android携帯からの投稿

—–