おはようございますニコニコ今日は仕事がお休みなんです。スポーツクラブで気分転換してきます走る人

残念な言葉を言われた私はもう法廷に行くことはありませんでした。私に出来る事は全てやったからもういいやって感じでした。

なので、求刑が言い渡される時も行かず、
後日聞きました。
求刑2年6ヶ月でした。これが重いのか軽いのか私には分かりません。

そして、いよいよ判決の日。去年の9月の事です。当日、家のチャイムが何度も鳴りました。勿論、私の携帯にも何度も着信がありました。主人は私と一緒に裁判所で判決を聞きたかったようです。
もう理解不能です。勿論、私は無視。
家の中で息を殺し膝を抱えてじぃーっとしていました。虚しいですね。

判決が出た後、共通の友人からすぐに連絡がありました。主人からの留守電もありましたね・・。聞いてませんけど。

名誉毀損・不法侵入・その他の罪2件に
より

懲役2年6ヶ月 執行猶予4年

これが判決でした。私の証言が効いたのか
示談金が効いたのかは分かりません。
これが私を苦しめた不倫の結末でした。

不倫女性のブログを見ると・・・
日本の法律は加害者を守るばかりで、被害者を守ってくれない!と怒り爆発でした。
そうそう、私が情状証人に立った日の
ブログも私を非難するかのような(さすがに実名はでていませんが)記事に唖然としたばかりでした。不倫では私に対しては加害者なのにね。

複雑な気持ちで壊れそうでしたが、
とりあえず一安心した私。

でも、刑務所入りを免れた主人が次にした
行動・・・それは私に感謝してすんなり
離婚に向けて話し合う事では無く、
ストーカーまがいの行動で私の交友関係・身辺調査をあらゆる手を使ってするという卑怯で陰湿な事でした。そしてそれが
保護命令を発令される暴行にと繋がるんです。

まだまだ続きます。

Android携帯からの投稿

—–