こんにちは雨朝、なかなか起きない娘に
トイプーちゃんが飛び乗り起こしてくれました。癒されます音譜

公判が終り主人と私の二人になりました。
私は主人からもお礼を言われると思っていたんです。

『弁護士さんに誉めてもらえてホッとしたわ。そんなに検事さんにも突っ込まれなかったし。これで執行猶予がついたら良いね。』

すると・・・
『情状証人は普通一緒に暮らしている妻がこれからも生活する中で支えます・一緒に償いますと言うからから意味があるんや。家を出ていったお前が証言してもどれだけ考慮されるか。だから家に帰って来いと言ってたんや。それに、執行猶予がついたら、それはお前の証言のおかげというより、○千万円の示談金を用意できた○○家の財力によるものやから。』

まぁ百歩譲ってそうかもしれませんが、
そんな言い方は無いでしょう叫び

そう、執行猶予が取れたら自分の実家の
財力・取れなかったら家を出た私のせい
になる・・って事を言いたかったようです。だから弁護士に立派と言われて
良い気になるなと。

やっぱり・やっぱりだったんです。

でも情状証人に立つのは、自分のプライド
の為に決めたんだから、いいやドクロと思わなければやってられませんでした。

まだまだ続きます。

Android携帯からの投稿

—–