おはようございます。土曜日は運動会黄組☆で頑張る娘にジーンとにま~

ときました。私も頑張らないと頑張る

話し合いから帰ってきて主人が言いました。

『あんな父親を持ってお前は可哀想やな汗俺の親を批判するなんて

信じられない。よく分かったわ。もうお前の親や親戚との付き合いは

一切止めると俺の両親は言ってる。お前も実家に帰るのは控えてもらう。』

『結局、お前は俺に依存してしか生きていけないねんから俺の言うとおりに

するしかないねんて。自分の置かれてる立場をよく考えろ。』

もう、私は何も言い返しませんでした。何を言っても無理。よく分かりました。

私が相談する度に両親はこう言っていました。

夫婦というのは、いろんな事を乗り越えて夫婦の絆を深めていく。

誰と結婚しても他人同士、多かれ少なかれ問題はある。

悔しくて辛い気持ちは痛いほど分かるし、大事な娘を苦しめている○○さん(主人)

をぶっ飛ばしてやりたいけど、子供の為にも今は、我慢する事も必要かもしれない。

でも、いろんな事が起こり母親がこう言ってくれました。

『もう、我慢しなくて良いよ。十分我慢してきただろう。

頑張ってきた○○(私)にこれ以上我慢しろとは言えない。

きっと、私たちの事を想い、私たちにも言わずに一人で耐えて

きた事もたくさんあるだろう・・。

自分の人生、後悔しないように生きてほしい。世間体なんてどうでもいい。

どう言われたって構わない。望むのは○○と子供たちの幸せ。

私たちは○○よりも先に死んでしまう。

ずっと守ってあげるわけにはいかない。あの時に私たちが我慢しろと言ったから

無理して今の生活を続けたと、きっと私たちを恨む事になると思う。

自分の人生を捨てるように事をして欲しくない。このままだと精神的に殺されてしまう。

居ても地獄、出ても地獄なら未来のある方を選んで。どんな事があっても味方だし

協力もするから安心して』

涙が止まりませんでした。私も子供たちにこう言ってあげられる親に

なりたいです。

まだまだ続きます。

—–