おはようございます。
今日はお祭りがあるようで子供たちは楽しみ音譜にしていますニコニコ

あっ昨日子供は『じゃがりこ』を食べていましたあせるうーんガーン子供は知らないで良かった叫び

こんなこと思うのは不謹慎かもしれませんが汗主人が、勾留されて凄く安心だったんです。

誰と一緒なんだろう?不倫女性と一緒?
また浮気?ホステスと同伴?
今は何をしているんだろう?
何時に帰って来るんだろう?
また朝帰り?

とかの心配をしなくて良いですからねドクロ
警察のお世話になってる。家計を圧迫するようなお金を使う事も無い¥

鬼のようなメールや電話攻撃で嫌がらせされ追い詰められる事もない。

そう考えるとひらめき電球これ以上の安心はありません。

しかも地雷を踏まないように主人の顔色を
気にしなくても良い、暴言を吐かれない
生活がだんだん楽になってきたんです。
私は酷い人間なんだろうか?と自分を
責めたりしましたねあせる

そして、面会の為に二時間弱かけて留置所に行きました。
初めは妻である私だけが許可されたんです。で、主人も面会を望んでいると。
こんな時だけ妻かよーと少し複雑な気持ちになったのを覚えていますあせる

手に縄をかけられた被疑者が
通ります。暴れて刑事に止められる姿も。
逮捕されたばかりの人も通ります叫び

こんな体験をするなんて・・。
人生で意味のない事が無いというのなら私のこの経験は何の為なのか!?
今でも考えてしまいますダウン

面会は30分。部屋は一つ。
予約は出来ないのでかなり待つことになります。うす暗い廊下の長椅子でただ待つんです。
精神的にかなりやられますあせる

中に入ると真ん中に透明な磨りガラス。
座るとちょうど口元の辺りにブツブツの
穴が空いてあります。
会話は全て同席の警察官?に書き留められます。

本当にテレビドラマのようです。

主人が入って来ました。

まだまだ続きます。

Android携帯からの投稿

—–