おはようございます。 息子は昨日の試合テニスで更に日焼けし真っ黒。

勝つ喜びも負ける悔しさも経験したようです。子供の頑張る姿は良いですよね好

主人の犯行は2010年7月○日。後から知ったのですが犯行の1年前のこの日は

主人が不倫女性と初めてデートした日だったらしいです。どうしてもその日に拘ったと。

凄い復讐心ですこわい

犯行の数週間前頃だったと思います。彼女のブログを見ると(まだ私は彼女のブログの

熱心な読者でした汗)主人と思われる人物が変なコメントをやたら繰り返していました。

例えば、『今度はどんな男を捕まえたんですか?』とか『不倫は犯罪て知ってますか?』

とかです・・・。子供かぁ!!!って感じです。アホでしょアホかっ!!まぁ無視されてましたが。

でもそれ以上の大変な事をしていたとは夢にも思わず、それでも私は何とか再構築したい

と不倫された事を乗り越えようと思っていました。

主人は相変わらず、若い女子とは遊んでいるようでしたが、その事を私が追求

しないでさえいれば、主人との関係は普通でした。逆にその事に口を挟むと

離婚を考えようといつも言われ、私は振り回され続けました。

思い出すと情けなくなります・・・。私は何にしがみついていたんでしょうか・・。

一人で子供を育てる事への、将来への、経済的な不安。

医師の妻という何の意味も無い肩書・・・。今まで頑張ってきたという思い。

女性としての意地。両親に心配かけたくないという思い。

今なら、どうしたら良いか分かるのに。その時は見えない・分からない事って

ありますよねしょぼぼーん

主人の好きなようにさせていれば機嫌が良く

私も他に気持ちを持っていくように努力していると

家族で過ごす時間も増えていき楽しい事も少しはありました。

犯行日の2週間後に旅行もしました。まぁこの宿泊先のホテルは犯罪に関係ある

ホテルで犯行後に主人が確かめたい事があり、家族旅行を計画した事を後に

知るんですがね・・・。

そんな風に過ぎていき、いよいよ逮捕される日が近づいてきました。

まだまだ続きます。

—–