おはようございます。

朝からお兄ちゃんの宿題に付き合っています。目を離すとすぐに、遊びに行ってしまうのでガーン

『一緒に彼女に謝ってくれ』 と主人。

勿論、丁寧にお断りしました。(ふざけんな!!飛行機からすぐ降りろ!)←私の心の声


『じゃあ帰ったらすぐに謝りに行くわ。いいやろ?』とわざわざ私に承諾を得る主人。

きっともう精神状態が普通じゃ無かったんでしょう。何を話しても無駄という感じでした。

2時間の悪夢のフライトが終わり、『楽しい旅行だった。また行こう』などと友達家族に

話す外ずらが良い主人を乾いた心で見ていました。

で、空港の駐車場に車を停めていたのですが、何と!!!

『やっぱり一刻も早く彼女に謝りたいから、このまま彼女の家に行く。お前と子供はここから勝手に

帰ってくれ』


えぇー叫びそれはあんまりだと思い、言い返そうとするにも頭は彼女の事だらけで聞く耳を

持たない主人。

子供にパパは急なお仕事だからと説明し、疲れた子供を連れ2時間かけて

自宅に帰りました。この時の怒りを通り越した感情を上手く表現出来ない自分がもどかしい

です。

午前3時ごろに主人が帰宅。

『彼女が怒って会ってくれないからずっと部屋の前で待ってた』 (ストーカーかお前は!)←私の心の声

朝からもう一度行ってくると言って、本当に8時ごろに出て行きました。

で、お昼前に帰って来てから私に向かって

『頼むから今すぐ、今日にでも離婚してくれ』






まだまだ続きます。

—–